So-net無料ブログ作成

Windowx XP(SR1)からWindows 10へアップデートしました。 [パソコン]

Windows 10をクリーンインストールしようと思うと、Windows 8&7の正規品を持っている場合に限られます。つまり、アップバージョンのキーコードを使ってWindows 10をクリーンインストールすることはできません。何回か試しましたがダメでした。結果、Window XPから順にアップするしか手がないようです。

最初に、Windows XP(SR1)をクリーンインストールします。

次にSP3をインストールします。途中認証のバルーンが表示されますが無視してかまいません。ただし、今回はSP1適用済みのXPを使っての話なので、適用されていないXPで順次アップしていく場合は、SP1をインストールする前に認証の作業が必要になるかもしれません。場合によっては、未認証だとSP1をインストールできない可能性があるかもしれません。ただ現在、MSのホームページからXP用のSP(サービスパック)を入手するのが困難な状態にあります。仮にWindows Updateを使ってSP1&3をインストールしようとするとかなり時間がかかると思います。Windows Updateを使ってアップする場合はできる限り不要な更新プログラムのチェックを外してインストールすることをお勧めします。(ただしSPをインストールするために必要な更新プログラムも含まれているので、すべての更新プログラムのチェックを外すことはできません。その点だけは注意してください。)私の場合、以前にダウンロードしたSPをディスク化してあるのでその分、時間の節約になります。

Windows XPをSP3までアップで来たら、次はWindows 7にアップバージョンします。今回は認証作業を行う必要性があります。Windows 10は認証済みのWindows 7にしかインストールできないからです。

Windows 7をインストール後、デスクトップにユーザーフォルダやコンピューターのアイコンを表示させておくとWindows 10にそのまま引き継がれるので操作が楽になります。Windows 10をクリーンインストールするとデスクトップに表示されるのはゴミ箱だけです。ユーザーフォルダは、エクスプローラー内のクイックアクセスにピン留め、コンピューターはスタートメニューにピン留めしておかないと素早く開けることができません。この点Windows 7はデスクトップにピン留めできるのでマウスで操作するには楽です。将来的にWindows 10もデスクトップにピン留めできるようにしてもらいたいと思います。

Windows 7をインストール後、認証、Windows Updetaを使ってSP1をインストールします。SP1がインストールされていないとWindows 10をインストールすることができないからです。多分、Windows 7をインストールした直後のWindows UpdetaでSP1が表示されるので、同時に表示される更新プログラムも一緒にインストールします。SP1を適用するためには事前にいくつかの更新プログラムを適用させておく必要があるからです。

ここまできてやっとWindows 10ををインストールすることができる状態になります。マシンの性能にもよりますが、私のか弱いマシンでは、終了するまで4時間位かかりました。

CドライブにWindows.oldフォルダができますが、28日以内に自然と削除されるそうです。もしディスク容量が少ない場合には、ディスククリーンアップを使って消すことができます。ただし直接削除はできませんので注意してください。

前回書いた「重大なエラー」は最新の更新プログラムに修正プログラムが含まれていたみたいで、インストール以降表示されなくなりました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0