So-net無料ブログ作成

WINDOWS8 を使った簡単な感想 [パソコン]

WINDOWS8のお試し版がダウンロードできるようになったので早速ダウンロードしてVMに入れて試してみました。

1、ふたつの画面;電源を入れて立ち上がると「スタート」という画面が出てきます。いわゆるタブレットPC用の画面と言ったほうがいいかもしれません。アイコン(?)を指で触って画面を切り替えるためのものです。マウスでも動作可です。
デスクトップというアイコンをクリックすると馴染みあるディスクトップ画面になります。ここにシュートカットアイコンを登録しておくと従来のパソコンの使い方になるようです。
しかし、WINDOWS8からはWIN95以来使い続けていたスタートボタンは、少なくとも初期設定ではついに無くなってしまいました。

2、Hotmail、Livemailのアドレスを先に収得しておきましょう。WIN8からは登録すると直接SkyDriveに直接アクセスできることができます。
Officeソフト関連で言うと、Office2010がインストールされていることを前提にしている感じがします。Office2007はインストール不可でした。Office2003はインストール可でした。2007の不可理由はわかりません。少なくとも一般の人がインストールする時には、入れられなくて難儀する可能性はあると思います。

3、慣れるまで大変そう。大幅にインターファイスが変わったので、例えばコンパネを探すのも一苦労。慣れれば問題ないと思いますが。

個人的見解:
もしマウス派、タッチパネル派というふたつの勢力があるとするならば、今の私はマウス派になります。そう思うとWIN7の方が扱い易いと思います。
WIN8は、タッチパネルに向いているかというとどうなんでしょうか。例えばアプリを多くインストールしている場合、スタート画面でアイコンを探すのは結構手間がかかりそうな気がします。
WIN8は、多分タブレットPCで使うことを念頭に作られたOSだと思いますが、そこに従来のWINDOWSの機能も残そうとしているので何となく使ってみると中途半端なOSに思えてきます。
いっそのことWINDOWS8タッチパネル版、WINDOWS8マウス版とそれぞれ特化したOSにして売り出した方が買い手も買いやすいかもしれません。それに中途半端な機能を残さなくて済む分、扱い易くなると思うのですが。

さて、私がWIN8で遊んでいた時、風邪を引きました。ウィルス性感冒で私としては珍しく10日間も熱が上がったり下がったりしました。ひどい時には38度9分まで、そこから一端平熱に下がったと思ったら今度は38度1分が二日間も続きました。その中での感想です。おまけにPCの電源ボタンの接触不良の修理に出すために一端PCをすべてフォーマットしたために継続的WIN8で遊ぶことが今のところできません。
またPCの修理が終わってからまたWIN8を試してみたいと思います。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 2

NO NAME

「ディ」スクトップではなく「デ」スクトップが正しいでしょう
試しに「ディスクトップ」で検索してみて下さい
by NO NAME (2012-05-19 22:37) 

キリン

御指摘、ありがとうございます。そのとおりですね。
デスク(机)ですよね。
修正しました。
by キリン (2012-05-24 04:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。